沖縄変わり市松と紅型鳥

モダンと古典、どちらも楽しめちゃう

表情豊かな帯

《表地》
沖縄で見つけた通気性のよい綿麻の帯です。変わり市松縞があしらわれており、デザインだけでなく色のミックス加減が現代的で、着こなしに差がつきます。

《裏地》
紅型風の鳥をあしらった古典柄です。流行り廃りがない古典柄は長く使っていただけるのが特徴です。ポリエステルが混ざっていますが、シャリ感※1があって麻の混合かと見間違えるほどです。染めの堅牢度※2が高く、色落ちや色移りするようなことはほとんどありません。
※1 なめらかながら適度なハリのあるテクスチャー
※2 日光や汗などに対する染色の丈夫さの度合い。日本ではJISによる試験等が定められています。


薄手で軽いのが魅力です。


〜ちどりや帯のこだわり〜
●表と裏で柄が異なるリバーシブルタイプの帯だから、コーディネートの幅がぐっと広がります。小物やシチュエーションによって、1本で2度と言わず何度でも違う表情をお楽しみいただけます。

●「ほんまもん」が信念のちどりやの帯の布地はもちろん日本製、縫製も日本でおこなっている正真正銘のメイド・イン・ジャパン製品です。日本の職人さんの高い技術力や芸術性を存分に味わえます。


- 素 材:綿麻(表地)、綿+ポリエステル(裏地)
- サイズ:幅約15cm x 長さ約380cm 
- 原産国:日本

販売価格 18,700円(本体17,000円、税1,700円)
購入数


Top