半幅帯 つばめと紺

濡れて見たさに燕(つばくろは)

  柳の葉陰をくぐるではない
   
     あれあの羽交(はがい)で 
            
        すういすいと夏の気色を運ぶとさ。


《表地》
つばめがスーいスーいと柳の木の下を通り抜ける様子の涼しい柄ゆきが、夏の着物やゆかたに合わせ易い日本の水色地に描かれています。小唄ではつばめのことをツバクロと呼び、粋な風情をうたっています。

《裏地》
紺色に染めた手もみ麻は、表地にしても抜群です。深く上品な紺色は白地や淡い色が多い浴衣や夏の着物の
着姿を引き締めます。堅牢度が高いので、汗をかいて染めが落ち浴衣に色落ちする様な事はありません。

〜ちどりや帯のこだわり〜
●表と裏で柄が異なるリバーシブルタイプの帯だから、コーディネートの幅がぐっと広がります。小物やシチュエーションによって、1本で2度と言わず何度でも違う表情をお楽しみいただけます。

●「ほんまもん」が信念のちどりやの帯の布地はもちろん日本製、縫製も日本でおこなっている正真正銘のメイド・イン・ジャパン製品です。日本の職人さんの高い技術力や芸術性を存分に味わえます。

※写真と現物の色味が若干異なる場合がございます、何卒ご了承くださいませ。

- 素 材:(表地)、(裏地)
- サイズ:幅約16cm x 長さ約400cm 
- 原産国:日本
販売価格 25,300円(本体23,000円、税2,300円)
購入数


Top